エンタメ

【エンタメ】コロコロコミックがブームを牽引した!平成のなつかしいホビー特集!

皆さんこんにちは!

いつまでも心は少年のままのざくです。

突然ですが、遊びに年齢なんて関係ありませんよ!

年齢なんてのはレベルです。レ・ベ・ル!

遊ぶのにレベルは関係ないですからね(^O^)

むしろ子供の頃のレベルと、今のレベルでは、同じ遊びでも違ったテイストで味わえる!

そんなふうに思っています。

 

というわけで、今回は平成に一大ブームを巻き起こしたホビーをご紹介したいと思います。

ほんとは令和になる前に紹介した方が良かったんですが…

まぁ、それは置いといて

これから紹介するホビー、皆さんはいくつご存知でしょうか!



・ド定番!平成で一大ブームを起こしたホビーを紹介

・ミニ四駆

 

こむ
こむ
マグナムトルネ~~~~~ドッ!!
ざく
ざく
ど、どうしたこむちゃん!
こむ
こむ
なんだろう、突然叫びたくなって…

 

さて、一発目に紹介するのが、

私が小学生の時にブームとなった…

ミニ四駆です!

ミニ四駆とは、タミヤが発売している小型の動力付き自動車模型のことです。

当時、テレビゲームを親に買ってもらえなかった私は、ゲームの代わりにミニ四駆を買ってもらって遊んでいたのでした。

忘れもしない、最初に買ったミニ四駆は「ビークスパイダー!」

これ当時コロコロコミックで連載していた人気マンガ「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」に登場するキャラクター沖田カイの使用するミニ四駆です。

ちなみにこの沖田というキャラは、主人公じゃありません。

典型的な悪の組織のキャラクターです。

しかし、このミニ四駆は黒塗りのボディーに蜘蛛の巣のようなデザインが施されており、なかなかカッコよかった!

なぜに親がこのビークスパイダーを買ってきたのかは不明ですが、当時は主人公のミニ四駆より敵キャラのミニ四駆が好きだったので、かなり満足してました(^^)

それから、ミニ四駆専用のコースがあるんですが、当時の私には高くて買えなかったんですよね。

なので、当時はコースを持ってる友達の家に皆で押しかけていたわけです。

そしてミニ四駆といえば、本体に加えてモーターやタイヤなどのマシンをより高性能にするグレードアップパーツ!これを大量に購入していました。

また、それらを収納するレーサーズボックスも必須アイテム…

いやぁ~、こうやって思い返すと、ミニ四駆に投資した額はなかなか多いですね(;^ω^)

そして、ついに取得できなかったぜ 壁走り!

 

・ビーダマン

 

こむ
こむ
「わ、ワイのワイルドワイバーンが~!」
ざく
ざく
なぜそのセリフをを知っている!

 

続いて紹介するのが、

同じく私が小学校の時にブームとなった

ビーダマンです!

 

ビー玉をはめこみ、トリガーを押してビー玉を発射するという、実にシンプルなホビーです。

これは、今だに明確な遊び方がわからないんですよね(;^ω^)

小学生の時も遊び方がわからないもんだから、適当にパーツを装着したり、誰が遠くまでビー玉を飛ばせるか、みたいなことして遊んでたと思います。

最初に購入したビーダマンは、これまたコロコロコミックで連載していた人気漫画「爆球連発!!スーパービーダマン」

この漫画の主人公、戸坂玉悟(とさかたまご)の使用するビーダマン「ファイティングフェニックス」でした。

こっちはバッチリ主人公の愛機を使ってましたね!

そして、最近のビーダマンてどうなっているんだろう…

と思いまして、ふらっと調べてみると…とんでもないものを見つけてしまいました(゚Д゚;)

それがこちらの動画。レオトイさんという方のチャンネルの動画です。

 

な・ん・だ・と!(;^ω^)

 

このビーダマン半端ないってもぉー!(゚Д゚;)

 

連射力半端ないって!(゚Д゚;)

 

もはやビーダマンじゃね~よ!子供の頃俺たちがやってたビーダマンはなんやったん!(゚Д゚;)

 

そんなんできひんやん普通、そんなんできる?言っといてや、できるんやったら…(;´Д`)

 

・ハイパーヨーヨー

 

こむ
こむ
「ストリングプレイ!スパイダァァァベイビィィィィ!!」 
ざく
ざく
う、うまい!

何という手さばき!

続いてご紹介するのは、これまた同じく私が小学生のころに一大ブームを巻き起こしたホビー

 

ハイパーヨーヨーです!

これ、たぶん一番ハマったホビーです(^o^)丿

ハイパーヨーヨーというのは1997年ごろにバンダイより発売された、競技用のヨーヨーです。

とにかく技をきめたり、ヨーヨーを集めるのが楽しくて、友達と公園なんかでず~っとやってました。

これも、当時コロコロコミックで連載されていた人気漫画「超速スピナー」の影響があったと思います。

超速スピナーはこのハイパーヨーヨーを題材にした漫画で、主人公の堂本瞬一がヨーヨーに対する情熱を知り、ライバルのスピナー達と激闘を繰り広げていくといったお話です。(スピナーとは競技ヨーヨーをする人達全般の総称です)

最初に私が購入したヨーヨーも、主人公が使っていたファイヤーボールというヨーヨーでした。やはり漫画の影響は大きいですね~

ちなみにこの漫画にでてくる、霧崎マイちゃんというキャラが私の推しキャラでした(^O^)

あの覚醒からのダブルループは衝撃だった!

でも、当時はダブルループとかできなかったです…

というか、やろうとすら思わなかった…結局のところ挫折してましたねぇ…(ダブルループとは2つのヨーヨーを振り回す高難度トリックのことです)

そして、今現在のヨーヨーはとてつもなく進化しています!

当時のハイパーヨーヨーとは比較にならない程の高性能となっているんです!

今もヨーヨーは競技ヨーヨーとして、多くスピナー達がプレイをしています。

そして、私も現在は競技ヨーヨーをひっそりと続けています。ヨーヨーは数少ない今でも続けているホビーなんですよね。

・ベイブレード

 

こむ
こむ
ゴォ~~シュートォォォォ!!
ざく
ざく
べ、ベイブレードを人に向かって放つのはやめよう!

 

さぁ、続いてご紹介するのはこちら!

ベイブレードです!

これは私がコロコロを卒業したあたりからブームになってきたホビーです。

日本の伝統玩具であるベーゴマを改良し、競技性を持たせたホビーがこのベイブレード。

ベイブレードは現在もベイブレードバーストとして人気の商品ですよね。

このベイブレードも、漫画の影響がブームを牽引しているんです。

それが、コロコロコミックで連載されていた「爆転シュート ベイブレード 」です。

4人のメインキャラが四聖獣が宿ったベイブレードでバトルを繰り広げていく、そんな感じのストーリーです。

私は存在はしりつつも、ハマった世代ではなかったんですが、最近はyoutuberのHIKAKINさんはじめしゃちょーさんの動画でベイブレードの動画がアップされています。

正直、私もベイブレードは世代が被っていたら絶対にハマっただろうと思います。

それくらい完成度が高いホビーなんですよねコレ。

・知る人ぞ知る!なつかしいホビーを紹介

さあ、次は番外編です。

たぶん知ってる人は知っているという、なつかしいホビーをご紹介。

これ知っていたら、なかなかのホビー通ですよ(^o^)丿

 

・プラコロ

 

知ってますか?プラコロ

これは今でも大人気、あのポケットモンスターのホビーなんです。

どんなホビーかというと、メインのポケモンがサイコロの形になっており、これをキャラコロといいます。

プレイヤーはエネコロというエネルギーの目が付いたサイコロを3つとキャラコロを振ります。

出た目のエネルギーが指定した「わざカード」に書いてあるエネルギー数と同じであれば、そのわざカードに書いているダメージを相手に与える…といった感じの遊び方です。

結構コレクション性が高く、集めるのも以外と楽しかったですね。

でも、周りではやってる人が誰もいなかったので、対戦は全くできなかったです。

ブームとかそれ以前に、いつの間にか幻のようなホビーになってしまいましたね(;^ω^)

・ダンガンレーサー

 

こちらはミニ四駆と同じタミヤから発売された、動力付き自動車模型です。

コロコロコミックに連載されていた「音速バスターDANGUN弾」が主題としていました。

ミニ四駆と違って細長い小型のフォルムをしており、ハーフパイプのコースを弾丸のような速度で走り回る、スピーディーなホビーとなっています。

コースに複数の期待が走ることで、激しくぶつかり合ったり、勝敗に運要素が絡む点がミニ四駆とは違いますね。

ミニ四駆ほどのブームになったかというと…う~ん…なってないなぁ~( ˘ω˘ )

・デジケン

 

こちらは昔からある玩具であるけん玉を改良したホビーです。

普通のけん玉と違い、皿に玉を乗せると、LEDが点灯し、音が鳴るというもの

う~ん、なかなか斬新だとは思いますが、一大ブームを起こすというまでには至らなかった。

ハイパーヨーヨーと同じくらいの時期にでた商品ですが、やはりこちらも幻の商品となっていますね( ˘ω˘ )



・おわりに

さあ、平成に生み出されたいろいろなホビーを見てきましたが、皆さんはいくつ知っていたでしょうか?

全部知っていた方は、かなりのホビー通ですよ!

この他にも平成でブームを起こしたホビーはありますので、また次の機会にご紹介したいと思います。

このような懐かしいホビーって、大人になった今でも違った感覚で遊ぶことができると思います。

現に、youtuberの方が動画の題材に使っているくらいですから、大人から子供まで楽しんじゃっていいはず!

むしろ、大人になって財力がついた今だからこそできる遊び方があるわけです。

商品の大人買いなんて裏技もできるわけですからね!楽しみかたは無限大です!

というわけで、エンタメ記事の一発目はこの辺で終わりたいと思います!

読んでいただきありがとうございました(^O^)