公務員試験

公務員予備校クレアールを公務員経験者がレビューします!【評判・口コミなど】

公務員予備校のクレアールってどんな予備校なんだろう?
どんな人におすすめなのか、経験者に評価や意見を聞きたい。

 

こんな疑問に答えます!

 

皆さんこんにちは!

公務員経験者のざく(@NAO85294160)と申します。

 

今回の記事は「公務員予備校クレアールはどんな予備校で、どんな人におすすめか?」というテーマでお送りいたします。

私ざくは、過去に複数の公務員予備校を経験しており、多数の公務員試験に合格してきた実績があるので、参考になるかと思います。

クレアールは非常にコスパの良い予備校で、比較的価格が安い上に、大手予備校並みのサポートを受けることができます。

 

以下で私の経験を踏まえつつ、クレアールの良いところ、悪いところを具体的にレビューしていきます。

5分くらいで読み終わると思いますので、是非お付き合いください。

 

ざく
ざく

クレアールは「通信講座の大手予備校」といったところですね。

自身の公務員経験を踏まえ、徹底的にレビューしていきます!

 

クレアール ってどんな予備校?特徴は?

クレアールはWeb通信講座に特化した公務員予備校です。

 

通信講座なので、パソコンだけでなくスマホやタブレットを使用して講座を受講することができます。

講義はストリーミング動画を受講する映像配信に加え、講義音声や講義資料のダウンロードも可能です。

 

また、クレアールの費用は通信講座の中で比較するとやや割高なイメージですが、通学タイプの大手予備校と比べるとかなり安い部類です(金額は後述)。

通信講座は論文、面接などの二次試験対策が手薄なものも多いですが、クレアールには充実した二次試験対策もあります。

 

以上を踏まえると、クレアールは費用が大手予備校よりも安い上に、大手予備校並のサポートを受けれるといった感じ。

かなりバランスの良い予備校かと思います。

 

それからクレアールでは非常識合格法という独自学習スタイルをとっており、これが特徴的。

非常識合格法とは全ての分野を網羅的に学習するのではなく、クレアールが過去の出題例から分析した、試験に出る頻出テーマ(合格必要論点)に特化して学習を進めていく、クレアール独自の学習法のことです。

この学習法により、短い学習時間で高い合格力を身につけることができます。「学習範囲を広げすぎずに、最短で合格を狙う」という狙いがあるようですね。

 

また、クレアールのカリキュラムは上記の非常識合格法から生まれた段階的カリキュラムとなっています。

段階的カリキュラムとは、受験生一人一人が志望先やレベルに合わせて学習を進めていけるというものです。

 

以下、段階的カリキュラムの特徴。

  • 苦手科目は、基礎の基礎に戻って克服する!
  • 志望先に対応した学習ができる!
  • 伸ばしたい科目は、さらに高得点を目指せる!
  • インプットだけでなくアウトプットも理解度別に対応!

※クレアール公式ホームページより引用

 

実際、公務員試験は一人一人が自分の受験状況にあった最適な内容と分量で学習することが理想です。

そもそも初学者は自分に必要な勉強のボリュームが分からないので、公務員試験の物量を前に挫折しがちです。

クレアールは非常識合格方や段階的カリキュラムといった学習法で、自分に必要な学習量の見える化ができています。

これにより受験生の挫折リスクが、かなり軽減されているかと思います。

 

 

ざく
ざく

全体的に費用と質のバランスが取れている、コスパの良い予備校という感じです。

また、非常識合格法や段階的カリキュラムといったクレアール独自の学習法が印象的ですね。

 

クレアールの資料請求はこちら(無料)

 

クレアール のメリット・デメリット

では、ここから私が個人的に感じたクレアールのメリット・デメリットを解説していきます。

クレアール のメリット

クレアールのメリットだと感じたポイントは以下の通りです。

 

  • 費用が安い
  • 安心保証プラン有
  • 充実したサポート体制有
  • オリジナル教材が使いやすい
  • 心理、福祉系に特化したコース有

順番に解説します。

 

 費用が安い

LECなどの大手予備校と比較するとクレアールの費用はかなり安めです。

 

  • 地方上級(全国型)コース…約200,000円程度 (割引後)
  • 国家一般職(大卒程度)コース…約190,000円程度 (割引後)

※クレアールは毎月割引価格が設定されており、費用が安くなります。

 

大手予備校に通学する場合、平均的な費用は30〜40万円なので、クレアールなら費用を約10万円安くできます。

同じ通信講座でも、大手予備校の場合は約30万円前後が相場なので、やはりクレアールは安いですね。

 

とはいえ、クレアールもアガルートスタディングといった、比較的新しい通信講座内で比較すると決して安い方ではないです。

ただし、クレアールは安い費用で大手予備校並みの手厚い学習サポートを受けれるのが強みでして、やはりコスパの良い予備校かなという感じ。

費用は安い方が良い、だけど通信講座はサポート面が不安だとか、継続できるか不安という方にはクレアールがおすすめです。

 

 

 安心保証プラン有

安心保証料金として30,000円を追加することで、1年間受講期間を延長できます。

こちらは1年で合格できなかった場合の保険のようなものです。

公務員試験は水物で、筆記試験を合格したとしても面接で落とされる場合があります。
というか面接で落ちる場合が結構多いです。

2年目に講義を再受講となれば、再び数10万という費用が発生するので、30,000円で保険をかけれるのはありがたいかと。

ちなみに1年で合格すれば支払った保証金は全額戻ってくるので、これを糧に頑張るという考え方もできます。

 

 充実したサポート体制有

クレアールには以下のような学習を挫折させないための、充実したサポート体制があります。

 

  • 合格ナビゲーション
  • 担任制

合格ナビゲーションは受講生の学習スタートから最終合格までをサポートするサービスです。学習スケジュールの作成や論文、面接対策など公務員試験全般のサポートが受けれます。

通信講座は基本的に自由なんですが、自由であるが故に、うまく学習スケジュールを立てれない人、最後まで継続できるか不安な人もいるかと思います。

合格ナビゲーションは受講生一人一人の状況に合わせた個別サポートが受けれるので、そんな悩みや不安を解消してくれます。

 

そして担任制は受講生に担任講師がつくというサービスです。受講生一人一人の親身な相談相手と言った感じ。

公務員試験の学習ではホント色んな悩みが出てくるものでして、わからない問題はもちろんですが、進路だったり、併願についてだったり、筆記試験が終われば、面接だったり、受験先の情報だったり・・

とにかく溢れてきます。

人それぞれ悩みは違うので、ネットでググれば答えが出てくると言うわけでもないです。

そんな時にいつでも相談できる相手がいると、かなり心強いですよ。

 

通信講座はサポートが手薄だと思われがちですが、クレアールのサポート体制は大手予備校並みといって良いです。

 

 オリジナル教材が使いやすい

クレアールの教材にはテキストである「コンプリートシリーズ」と問題集である「過去問フォーカスシリーズ」の2種類あります。

 

 

これらはクレアールのオリジナル教材でして、前述した「非常識合格法」に基づいて作成されています。

教材の特徴は以下の通りです。

 

  • 全範囲を網羅的にまとめているのではなく、重要な論点のみをピックアップしている
  • 冊子がコンパクトサイズであり、初学者でも無理なく最後まで学習できる

こんな感じですね。

クレアールの非常識合格法は、「合格に必要な頻出ポイントを重点的に学習する」というもので、その考えが教材にも反映されてます。要は何でもかんでも詰め込んだ分厚い教材ではなく、中身がプロによって厳選されたコンパクト教材になっているイメージです。

これにより、初学者にありがちなボリュームに圧倒されるということもないかと。

また、テキストと問題集は内容が動画講義とリンクしているので、講義を受けながらインプットとアウトプットが自然にできます。

 

総じてクレアール教材は無理せず、最後まで継続できる仕組みになってますね。

 

 心理系に特化したコース有

クレアールには通信講座に珍しい、心理系公務員に特化したコースがあるのもメリットです。

クレアールは心理系公務員試験の対策がある数少ない予備校でして、元労働省キャリアという経歴を持つ、高橋美保講師による講義がとても有名です。

 

心理系公務員とは?

  • 心理学的な知識や技術を仕事で使う公務員
  • 試験の専門科目が「心理学」中心の公務員

 

心理系公務員の詳細は、高橋講師によるガイダンス動画の視聴がおすすめです。

 

かなり心理系の合格実績も豊富で、主な合格輩出先は以下の通りです。

国家総合職(人間科学):最終合格 16名
裁判所総合職(家裁調査官補):最終合格 15名
法務省専門職(矯正心理・保護観察官・法務教官):一次合格 51名
東京都Ⅰ類(心理):最終合格 6名
特別区Ⅰ類(心理):一次合格 11名
地方上級試験(心理):埼玉県、千葉県、茨城県、富山県、山口県、愛知県
          大阪府、山口県、
佐賀県、鹿児島県、横浜市、川崎市 他

※クレアール公式ホームページより引用 (2019年合格実績)

 

講師である高橋氏は、心理系公務員の受験指導界で名実ともにナンバーワンと言われているようで、豊富な実績の数々は講師の実力とも言えるでしょう。

心理系公務員を目指すのであればかなり心強いかと思います。

 

クレアールのデメリット

続いてクレアールのデメリットだと感じたのは以下の通りです。

 

  • 模擬面接が水道橋校舎限定

 

 模擬面接が水道橋校舎限定

メリットの多いクレアールですが、模擬面接が水道橋校舎限定になっているのが惜しいところです。お住まいの地域によっては利用しにくいかと。

一応、校舎を利用できない受講生には電話で模擬面接の対応をしてもらえます。
ただ面接の臨場感や空気を経験したいという方に、電話模擬面接は物足りないかもしれません。

 

とはいえ、面接対策のカリキュラムはしっかり組んであるし、面接シートの添削や模擬面接も回数無制限なので、やはり大手並みのサポートは魅力です。

電話でも十分面接のシミュレーションはできるし、対面の模擬面接はハローワークやジョブカフェ、大学の就職課でも受けれます。

デメリットな面もありますが、別のやり方で代替は可能かなという感じです。

 

以上、クレアールのメリット・デメリットはこんなところです。

 

クレアールの資料請求はこちら(無料)

 

クレアールはどんな人におすすめ?評判は?

クレアールのの特徴や、メリット・デメリットをふまえると、以下のような人におすすめの予備校だと言えます。

 

 クレアールがおすすめな人

  • 安い費用で大手予備校並みの手厚い学習サポートを受けたい人
  • 網羅的に全範囲を学習するのではなく、試験によく出るポイントを重点的に学習したい人
  • 二次試験対策の充実した通信講座を希望する人
  • 心理系公務員を目指している人

 

クレアールの安い費用、手厚いサポート体制、学習方法に魅力を感じた方には、特におすすめという感じです。

 

通信講座だからというのもありますが、やはり10万円〜20万円代の費用というのは予備校として安い方だし、合格ナビゲーションや無制限の質問体制などのサポートは、日々多くの悩みを抱える受験生にとって大変ありがたいはず。

これは私の実体験からも断言できます。

質問がしやすくて、迷わずに学習を継続できる環境というのは、長い受験生活に必須です。

 

さらに、クレアールの非常識学習法は他の予備校にはないクレアール独自の学習方法です。「広く深く学習するのではなく、公務員試験に合格するための必要な範囲だけ学習したい」という人に相性が良いです。

 

また、回数無制限の面接カード添削や模擬面接など二次試験対策が手厚いのも嬉しいポイント。

通信講座がいい、だけど・・

「二次試験が不安で自信がない」

「二次試験対策に手を抜きたくない」

上記のような方もクレアールと相性が良いです。

近年の公務員試験は、二次試験の重要度が爆上がり中なので手堅く行くべき!

 

そして心理系公務員を目指している方にもクレアールがおすすめです。

心理系公務員対策は他の通信講座でもあまり見かけません。かなり珍しいです。

前段で紹介した高橋美保講師による講義は、多数の合格者を輩出しており、講師の実績からもそのクオリティの高さがうかがえます。

 

以上が私の思うクレアールをおすすめできる人です。

 

 クレアールの評判は?

クレアールのホームページにはたくさんの合格体験記が掲載されています。

やはり通信講座の大手だけあって、合格者は多く評判も良い感じです。

参考までに一部抜粋してご紹介します。

 

最終合格先:東久留米市

通信講座となっていることから、どこにいても講義を見れるところが良かったです。特に普段から電車通勤で往復2時間程度かかる為、通勤時間を利用し、スマホで講義を受講できる点が良かったです。また、自分の理解が不十分だったところを繰り返し受講ができる為、苦手克服のツールとして最適だったと思います。講義期間についても、当該年度で万が一、合格出来なかったとしても、3万円で翌年も受講できるサービスがあったところも良かったと思います。

※クレアール合格体験記より抜粋

 

 

最終合格先:国家一般職

通信講座なので、講義のうち自分の苦手な箇所だけを繰り返し視聴するなど、柔軟に学習計画を立てることができます。また、外出を制限しなければならない状況下でも変わらず学習を進めることができるのは通信講座ならではの強みだと感じました。加えてどの先生方の講義も分かりやすく、かつ試験対策に必須の要点を強調してくださるので、効率的に学習を進めることができました。

※クレアール合格体験記より抜粋

 

 

最終合格先:国家総合職(経済)、財務専門官、千葉県庁

クレアールは講義の質が良く、特に数的処理、判断推理の講義では非常にお世話になりました。こういった問題は受験の数学と同じくある程度パターン化されていてその解法が浮かべば解けるという問題がほとんどで(パターン以外の問題はほとんどの受験生は解けない)クレアールはそのパターンをほぼ網羅しわかりやすく解説してくれたおかげで、この分野は非常に効率的に勉強でき、実際の試験でも得点源になりました。これは独学よりも有利だと感じました。

※クレアール合格体験記より抜粋

 

 

最終合格先:千葉市、国家一般職(特許庁)

教材がわかりやすかったです。クレアールのテキスト以外使用していませんが、合格点に十分届くことができました。また時と場所を選ばずに講義動画を見ることができる点も良かったです。いかに効率よく勉強できるかが鍵となるため、自分が得意な科目や、捨てた科目は見ずに、苦手な部分だけ繰り返し見られるのはありがたかったです。また、担当の先生への相談のレスポンスが早く、安心してなんでも質問することができる環境にも助けられました。

※クレアール合格体験記より抜粋

 

 

ざく
ざく

通信ならではの時間や場所を選ばない講義や、充実したサポート体制に満足されている方が多いですね。

またクレアール独自の学習法により、効率の良い勉強ができたという声も多いです。

 

クレアールの資料請求はこちら(無料)

 

まとめ:クレアールはコスパの良い、通信講座の大手予備校です!

最後にクレアールのまとめです。

 

クレアールのまとめ

クレアールはWeb通信講座に特化した公務員予備校。
通信でありながら、大手予備校並の手厚い学習サポートを受けられるのが強み。
また、非常識学習法という独自の学習法でカリキュラムが組んである。

 

クレアールのメリット

  • 費用が安い
  • 安心保証プラン有
  • 充実したサポート体制有
  • オリジナル教材が使いやすい
  • 心理、福祉系に特化したコース有

 

クレアールのデメリット

  • 模擬面接が水道橋校舎限定

 

クレアールがおすすめな人

  • 安い費用で大手予備校並みの手厚い学習サポートを受けたい人
  • 網羅的に全範囲を学習するのではなく、試験によく出るポイントを重点的に学習したい人
  • 二次試験対策の充実した通信講座を希望する人
  • 心理系公務員を目指している人

 

やはりクレアールは講義の質、費用、サポート面など、全体的にバランスの取れたコスパの良い公務員予備校という感じです。

独自の学習法による講義やテキストなど、他の予備校と比較するとややクセもありますが、これはクレアールの過去問研究により徹底的に無駄な内容が省かれているからでもあります。

結果的に無駄な学習時間が省かれるので、効率の良い学習ができるということ。
合格に必要なものを、必要な分だけ提供してくれるといった感じです。

 

 

ざく
ざく

費用はなるべく押さえつつ、時短学習がしたい。

大手予備校並みのサポートや二次試験対策をしてもらいたい。

こんなバランス思考の方は、クレアールが向いているかなと思います。

 

クレアールの資料請求はこちら(無料)

 

それでは、今回は以上になります。

皆さんの予備校選びに役立てば幸いです。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!

 

 民間から公務員を目指す方は必読!クレアールのハンドブックを紹介

 

こちらは公務員への転職を目指している社会人の方向けなんですがクレアールの資料請求時に無料で貰える社会人のための公務員転職ハンドブック」はぜひ読んでおきましょう。

民間から公務員への転職を考えている方に有益な情報が満載です。

ぶっちゃけ、これほんとに無料でいいのか?・・と思ってしまうくらいですね。

 

詳しくは下記の記事でまとめていますので、気になる方はぜひ読んでみたください。

 

【必読!】社会人から公務員転職を目指す方におすすめのハンドブックを紹介! 「今の仕事から公務員へ転職したいけど、何から手を付ければいいんだろう?」 「公務員転職に必要な情報がまとめてわかるもの...